Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

社会人になってもあまり気にしていなかった保険の話

12月といえば年末調整で所得税の還付が受けられる月です♪
この時期はいつもよりも給与明細の手取り額が多くてルンルンルンです。
(余談ですが、働き始めて最近の楽しみは給与をもらうことです。2◯歳でこんな楽しみしかないなんてク◯です。)

で、この年末調整を受けるには、保険の払込額を申告する書類を書く必要があるのですが、今まで用紙を書いていても自分がどんな保険に入っているのか、どんな保障を受けれるのかちっとも分かっていませんでした(なんて言ったって親が払い込んでいるので…)。


この間、CFP資格者から保険の話を聞く機会があったのですが、聞くところによると生命保険だけの話ですが、
・生命保険の保障には「定期」型と「終身」型がある。
・定期はその名の通り、期間に定めがある保険。我々のような若年層が入っておくと何かといい。本当に死んだり、何か不慮のことがないと使うことはない。
・終身はある歳まで保険料を払い込んでいくと、死ぬまで保障が受けられる。ただし、保険料が高いので若年層が入ると家計を圧迫することもあるので注意が必要。

これを聞いてどれどれと保険料払込証明書を見てみると「終身」と。
実は終身保険に入っていました。ちなみに毎月の保険料は1万円ちょっとらしいです。たぶん、あれですね。若い頃から入っているから安いんですかね。

また、後輩とも話をしていたら後輩はかんぽに入っているそうです。
エライよ、自分で払っているんだからね。
ちなみに保険料が月々4,000円くらいと言っていたので、こっちは定期型ですな。

こんな話をしていたら最近、体調が悪いような…。
そろそろ体にも気をつけて生活しないとね。