読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

ひとことで片付けられる苛立ち

Diary

筆者が勤めている会社ではボーナスの査定にあたって、勤務成績がどれくらいかということが1つの目安になる。勤務成績がよいとその分、ボーナスが多く出るという仕組み。
そしてボーナスが出るあたりになると、上位成績者には所属している部署の課長から「あなたは上位成績者です」みたいなメールが飛んでくる。

筆者はこのメールがすごく嫌いだ。
「あなたは勤務成績が良かったのでボーナスを人より多く出しますよ。この後も引き続き仕事に励んでね。」みたいなメールが飛んでくるのだが、そんなの上司との勤務成績開示のときに既に知っているわけだし、なんで話すこともないような人からこんなことを言われないといけないのだろうと。

そもそも話したこともないような人が、人の頑張りをどれくらい分かっているのだろう。
いろいろな制約と無茶な要求の中で苦しみながら調整していること(ここまで言うのは大げさかもしれないけど)とか、どれくらい分かっているのだろうと思うと、半年に1回、勤務成績が優秀だからといって変なメールをぶん投げてくることに何の意味があるのだろう…と思って、読まずにそのメールをゴミに捨ててしまう(しかもいつも同じ文章だし)。

なんか余計なことを考えてしまうな。
やはり今の仕事は自分にあっていないのかもしれない…。