読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

プリンタのポート設定と追加を簡単に実施するコマンド②

先日の記事でプリンタのポート設定で管理者が楽をする方法を書いた。tachi221.hatenablog.com

この記事の中で、このページにも書いてあるよと紹介したページで、筆者もふーんと思ったのが、プリンタドライバもインストールできるよ…しかもファイルサーバーからだって出来るし!!っていうところだった。

www.se-support.com


と、いうわけでそこまで実装したサンプルコードを書いてみることにした。
ちなみにこれをやるにはユーザーに管理者権限を持ったアカウントをお知らせしないといけないが…使い終わったらDisableにすればいいだけのことだろう(Active Directory構成を採っているなら)。

(シナリオ)
・追加したいプリンタはCanon iP4300。
・プリンタの名称としては「Canon iP4300 1F101号室」とする。
・プリンタに設定されているIPは「192.168.0.2」
・ポート名については「Auto_set1101」
・ファイルサーバーとしてLAN内に「sharednas」と命名したPCを立てる。ちなみにPCには固定IPとして192.168.0.3を割り当てる。
・sharednasの中に共有名「drivers」と命名した共有フォルダを作る。
・Driversフォルダがマイコンピュータ上でQドライブとして割り当てられるようにする。
・sharednasへのログイン情報はこのようにする。
 ユーザID:hogehoge パスワード:hoge2

① まずは引用HPにも書いてあるとおり、プリンタードライバーをインストールするためのInfファイルを探してくる。今回はdriver.infという名前であったとする。
② Infファイルの中身をあけて、ドライバー名を確認する。今回は「Canon iP4300」と記載されていることにする。

③ 以下のコマンドをテキストとして保存する。メモ帳にコピペが一番簡単。

@echo off
rem ユーザへのメッセージ
echo プリンタドライバーが保存されているファイルサーバーへアクセスをしています...

rem ファイルサーバーへの接続
net use Q: ¥¥sharednas¥drivers¥ /user:sharednas¥hogehoge hoge2 

rem Prnport.vbsが保管されているディレクトリへの移動
cd C:¥system32¥Printing_admin_Scripts¥ja-JP

rem ユーザへのメッセージ
echo ポート設定を追加しています...

rem ポートの追加(ポート名をAuto_set1101と置いて、IPアドレスを192.168.0.2と置く)
cscript prnport.vbs -a -r Auto_set1101 -h 192.168.0.2 -o raw -n 9100 -md

rem ユーザへのメッセージ
echo プリンタドライバーをインストールしています...

rem プリンタドライバーのインストール
cscript prndrvr.vbs -a -m "Canon iP4300" -v 3 -i "Q:¥driver.inf"

rem プリンタの作成
cscript prnmngr.vbs -a -p "Canon iP4300 1F101号室" -m "Canon iP4300"-r Auto_set1101

rem ファイルサーバーからの切断
net use Q: /delete

rem ユーザへのメッセージ
echo プリンタ設定は終了しました。何かキーを押してください。
pause

ちなみにログイン時にファイルサーバーへドライブマッピングをしていて、グループ共有のフォルダが既にマイコンピュータ上に現れている場合、そのフォルダにInfファイルを置くことも可能。

@echo off

rem Prnport.vbsが保管されているディレクトリへの移動
cd C:¥system32¥Printing_admin_Scripts¥ja-JP

rem ユーザへのメッセージ
echo ポート設定を追加しています...

rem ポートの追加(ポート名をAuto_set1101と置いて、IPアドレスを192.168.0.2と置く)
cscript prnport.vbs -a -r Auto_set1101 -h 192.168.0.2 -o raw -n 9100 -md

rem ユーザへのメッセージ
echo プリンタドライバーをインストールしています...

rem プリンタドライバーのインストール
cscript prndrvr.vbs -a -m "Canon iP4300" -v 3 -i "Q:¥driver.inf"

rem プリンタの作成
cscript prnmngr.vbs -a -p "Canon iP4300 1F101号室" -m "Canon iP4300"-r Auto_set1101

rem ユーザへのメッセージ
echo プリンタ設定は終了しました。何かキーを押してください。
pause

さらにちなみに・・・
普通はコンピュータ名でファイルサーバーへ接続することは可能なのだけど、どうしても出来ないという時はIP決め打ちで行く方法もある。

rem ファイルサーバーへの接続
net use Q: ¥¥192.168.0.3¥drivers¥ /user:192.168.0.3¥hogehoge hoge2 

最初にドライブマッピングをしようとする意図は、安定性を高めるというただそれだけなのだけれども。

あとはテキストファイルで保存したら、拡張子を.cmdなり.batなりにして、配布するだけ。
配布するときの注意は使う人に、右クリックメニューから「管理者として実行」を選んでねということくらいかな。

やったことはないので、構文が間違っているかもしれませんが、その時はご容赦いただければ。

あーこれをもっと早く知っておけばなぁ…。