Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

海外発旅程の航空券を買うときに考えてみたこと

台湾から日本に一時帰国(本当は帰国したい)する際に飛行機のチケットを取るのは当たり前なのだが、ANAJALどちらのキャリアを使おうかいつも考えてしまう。
日本で生活しているときは東京から実家まで、JALをいつも使っていた。ANAを使うと何故かエンジントラブルやら何やらで到着が遅くなってしまったり、乗れなかったりということがあったからだ。

しかし、海外発旅程の場合はちょっと違う。それは支払いが円払いか、現地貨払いかということなのだけど、筆者は台湾貨のカードを持っていないのでどちらで払っても必然的に日本円払いになる。だから、台湾貨払いの場合、カード手数料1.6%が余計にかかってしまう。
そして、ANAは日本円払いが出来るのだが、JALはどうやら台湾貨払いしか出来ない。つまり、25,000TWDのチケットを買うと、
[ANA] 25,000 TWD × 3.6 JPY = 90,000 JPY
[JAL] 25,000 TWD × (3.6 × 1.016)JPY = 91,425 JPY
なので、1,000円くらい損してしまう。

まあ、1,000円なのだけど1,000円出せば羽田空港でラーメンが食べられるので結構もったいないと思うんだけどなあ。ANAの場合は独自にレートがあるみたいで実際は台湾貨で算出した金額を日本円に直して請求しているみたいなのだけど、それでも1,000円くらいの差が出るようだ。なんてこった。
JALばかり乗っていたら奮発してESTカードを作ったのに出番がないなんて残念な限り。。。