Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

帰国日記①

中華圏は今週の水曜日から旧正月の休暇に入るので、筆者も正月に帰ってこれなかった分、実家に帰ることにした。かれこれ2週間もの休暇になる。
在勤地である台湾(台北)は沖縄本島よりは南、石垣島よりは北ということで気温で言うと、「沖縄本島<台湾(台北)<石垣島」になるのだけど、赴任時には南の島だから暖かいだろうと思っていた台湾は2月に入ってからずっと10度くらいをさまよっていた。
その頃日本ではどうなっていたかと言うと、東京では雪が降り、実家のある秋田ではマイナス8度になっていたりと帰るのが億劫な情報ばかり。
しかし、事務所の中の人間関係という名のストレスや台湾料理の油の多さで胃を完全にダメにした自分からすると、とっとと帰りたいと言う気持ちの方が強かったこともあり、一時帰国の出発日はルンルンで帰ってきた。それでも胃が痛くて、機内食も食べることが出来なければ、好きなラーメンを食べることも出来なかったのが今、一番心残りなのだけども。

台湾からの飛行機で大島辺りまで飛んできた時に富士山を拝むことが出来た。今回は窓側の席にして良かったと思う。隣の席に座っていたカップルは全くもって人に気を使うことがなかったけど(機内食のメニューを人に見せず、挙句の果てに頼まない)。最近、こう言う自分だけ良ければいいと言う人間が増えてきて世の中がおかしくなってきたと思うのは自分だけだろうか。
f:id:tachi221:20180209154801j:plain

1日目はホテルで一泊し、2日目に秋田へ帰る予定だったので羽田に到着後、電車でホテルへ移動。
地下鉄の駅では桃園MRTと台北MRTのコラボレーション広告が掲示されていた。周囲は中国語も聞こえてくるし、帰ってきたような帰ってきていないようなそんな複雑な感じもする。
f:id:tachi221:20180209184914j:plain

2日目、腹痛が何故かひどかったが飛行機の時間もあるのでホテルを無理やり出発。飛行機に乗ると痛みは治まってきたが、やっぱり痛い。
離陸して20分くらいすると窓の外には福島の景色が広がる。
f:id:tachi221:20180210153644j:plain

秋田に近づくと段々、雪も多くなってきた。やっぱり冬=雪というイメージがあるので雪を見ると何となく帰ってきたなという実感が湧いてくる。
f:id:tachi221:20180210160221j:plain

実家に帰ってきたら、1日目の夜ご飯は「きりたんぽ」だった。
f:id:tachi221:20180210185617j:plain

ついでに言うと2日目は祖父母の家に行ったのだけど、そこでは「だまこ鍋(きりたんぽの派生)」だった。さすが親子。仲はいいんだか悪いんだか分からないけど、考えることは同じようだ。
台湾での食事は油が多く、その油も質が良くないものが多かったが、日本に帰ってくると油を使わない料理の方が多いし、油を使っていても質の良い油を使っているので胃に負担が掛かることもあまりないなと感じる。

それにしても胃が中々良くならないのは何故だろうか。と言うことで台湾でも一回、過敏性腸症候群と診断されたので病院に行ってくることにしよう。
過敏性腸症候群になると本当にしんどいですよ。だって好きなラーメンも食えないのだから・・・。泣