Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

過敏性腸症候群

昨年、胃が痛いということが1ヶ月くらい続いて、胃カメラ検査をしてきた。
結果はキレイな胃だと医者が言うので、単にストレスによる胃酸過多ということになった。
ところが今度は過敏性腸症候群みたいな感じに陥ってしまい病院に行ったところ、大腸カメラを入れましょうと言われ、今週大腸カメラ検査をすることになった。
台湾はちょっと変わったところで市内で気軽が使えるトイレが見つけにくい。桃園に仕事で行ったことがあるけど、桃園の方が街中にトイレがあるような気がする。
ちなみに九份に行くと老街に入る手前でトイレを済ませましょうと紹介されていることが多いが、老街手前よりもちょっと動いたところにある観光センターが便利。
tachi221.hatenablog.com

話を戻して、昨年の年末に昼ごはんとしてラーメンを食べてその日の仕事を終え、家に帰ろうとした際の帰路で猛烈な便意に襲われ半分アウトか否かくらいのところでトイレに駆け込んだということがあった。あまり感じたことのない激しい動悸と不安、脂汗に襲われ、トイレ内で失神しそうになった。
そこから、帰路を歩くだけなのにやたらと恐怖を感じるようになった。過敏性腸症候群はこういった腹痛のあとに起こることが多いらしいが、台湾に来てから幾度となくお腹を壊した筆者からすれば、過敏性腸症候群にかかっていてもおかしくないのだろう。

さらに困ったことはたまに見る夢の中で便失禁をしている自分を見ることだ。ふと起きてはっ!と見るのだが、もちろんなんともない。たぶん、寝ている間に放屁していたからだと思うのだけど、これが夢じゃなくてリアルだったらいろんな意味で困るのはいうまでもない。
このように過敏性腸症候群になると生活の質が悪くなる一方なので、あれっと思ったら医者にさっさと行った方がいいみたい。