Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

リゾートしらかみ乗車計画と大回り乗車

うちの地元にリゾートしらかみというクルージングトレインが走っている。
東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社:五能線 リゾートしらかみの旅

以前からこの気動車(電車ではない)に乗りたいと考えていたので、ついに先日行動に移した。
まず、帰省の時期を狙って丸一日つぶして行くことを画策した。今回はお盆のハイシーズンに帰るので予約が取れるか分からないがとりあえず、えきねっとの事前予約サービスで予約した。
また、帰りの足については特急「つがる」の普通車指定席を同じく事前予約で予約した。今回は親も一緒に連れて行くことを計画しているが、事前の調査では「つがる」のグリーン車は金を払って乗る価値があるかないかと言えばないそうだ・・・。

リゾートしらかみは全車指定席の「快速」電車として運行されているので、理論上は「青春18きっぷ」でも乗ることが可能である。
五能線で秋田・弘前間を往復してみようとすると片道4,000円を要するので、青春18きっぷの2,370円(11,850円を有効日数5日で割った値段)で行けるのはある意味お得なのだが、帰りの足を考えると現実的ではない。
そうなると乗車券は普通に買わないと行けないが、今回は行きが五能線経由、帰りが奥羽線経由なので、往復割引の対象にはならない。また、営業キロが異なるので行きが4,000円、帰りが2,590円なので乗車券だけで6,590円となる。

しかし、ふと思ったのだが一筆書き切符にすれば安くなるのでは?と思い、このアプリを使って実際に一筆書き切符の試算をしてみた。

経路運賃営業キロ計算アプリ

経路運賃営業キロ計算アプリ

  • TAKEDA Noriyuki
  • 旅行
  • 無料

一筆書きの経路としては以下のとおりとなる。
秋田(奥羽線東能代五能線)川部(奥羽線弘前奥羽線)大館(奥羽線東能代奥羽線)秋田

この例はJR東日本のサイトにも一例として紹介されており、駅名こそ違うもののやっていることは同じである。
www.jreast.co.jp

試算の結果、以下のとおりとなった。
秋田(奥羽線東能代五能線)川部(奥羽線東能代 → 5,400円(301.9km)
東能代奥羽線)秋田 → 970円(56.7km)
合計:6,370円

おっと、220円だが安くなったではないか!笑

しかも秋田から東能代までの迂回分については途中下車が可能である(→有効期間が3日間であるため)。

ちなみに東京から秋田に来る時もこの戦略は有効で、

(乗車券)
東京(東北新幹線)大宮(上越新幹線)新潟(白新線新発田羽越線)秋田(秋田新幹線)盛岡(東北新幹線)大宮 → 14,470円(1,239.2km)
大宮(東北新幹線)東京 → 550円(30.3km)

特急券
東京 → 新潟(新幹線)4,950円(指定)
新潟 → 秋田(在来線)1,230円(指定)
秋田 → 東京(新幹線)7,970円(指定)

合計:29,170円


秋田新幹線で東京・秋田を往復すると
乗車券が9,830円×2×0.9=17,690円
特急券が7,970円×2=15,940円

合計:33,690円

なので、4,460円も得になる。この大回り乗車はうまくやって片道6時間になるが、時間があるときにはぜひチャレンジしてみたい。

さて、事前予約は無事に成立するのだろうか・・・。