Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

リゾートしらかみ乗車記 その2

前回までの記事はこちら↓
tachi221.hatenablog.com

リゾートしらかみ東能代駅を定刻通り出発。次の停車駅は能代
筆者長年の謎の一つ。
能代市内には駅が二つある。
能代市中心部から離れていて、奥羽本線五能線の接続駅となっている東能代能代市中心部にあって五能線しか乗り入れていないのが能代。どうして能代中心部に奥羽本線を通さなかったのか謎だが、奥羽本線の電車が来る時間帯に五能線の列車が接続できるようになっている。中には東能代能代を往復するだけというのもあるけど。
能代はバスケットで有名な町で、バスケットをやっている人であれば能代工業という名前は一回くらいは聞いたことがあるであろう有名な高校がある街だ。毎年、ハイレベルな学校を集めて能代カップと呼ばれるバスケットボール大会を開いている。
能代駅では列車交換があるため、20分程度停車する。この停車の時間を使って開かれているのがフリースロー大会。駅舎にリングが置かれていて、1人1回チャレンジすることが出来る。

フリースローを決めるとこのような記念品(秋田杉で出来た葉書)がもらえる。

東能代駅にもゴールリングが展示されているのだが、東能代フリースローなんてやると架線にボールが触れかねないのでこれは能代駅でやることが正解だろう。

能代改札内はこんな感じでレリーフリゾートしらかみの模型が展示されている。


列車交換を待つ間、列車とホームを撮影してみた。

東能代方面。

岩舘方面。

非電化路線の駅というのは電化路線の駅よりも味があると思うのは私だけ?なんて思っていたら、反対側にリゾートしらかみくまげら編成が入線してきた。そろそろ車内に戻らないと。