Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

2018秋 鹿児島から東京・途中下車の旅:その3

この記事はシリーズものです。
tachi221.hatenablog.com
tachi221.hatenablog.com

今回は鹿児島市内の観光。

2日目の最初は路面電車から。
路面電車の車両の写真を撮るのを忘れてしまったのだが、とりあえず桜島に上陸したいので桜島フェリーに乗るべく、水族館前まで移動。
鹿児島の路面電車は線路が緑地化されている。
f:id:tachi221:20190121222350p:plain

桜島行きのフェリーに乗るには、路面電車で水族館前まで行き、そこからフェリーターミナルまで歩く。
筆者がフェリーターミナルに着くと、ちょうど出発時刻を迎えたフェリーがいたのでこれに乗船した。迎えの船着き場には桜島から来たフェリーが入港。
f:id:tachi221:20190121222006p:plain

おだやかな海と、
f:id:tachi221:20181107092030j:plain

雄大桜島が見えてきた。
f:id:tachi221:20181107092056j:plain

本当は桜島の中を見物する予定だったのだが、ホテルを出たのが遅かったので残念なことにとんぼ返り。
f:id:tachi221:20190128221544p:plain
f:id:tachi221:20190128221543p:plain

それにしても本当にいい天気としか言えない。外はパーカーを着ないと寒いかと思ったけど、意外と暑くて汗をかいている。一番上のデッキでは桜島の小学生(?)が本島へ行くからということでとても騒がしい。
小学生のころに戻りたいかと言われると、あまり戻りたいと思わないのだが、戻ってどこまでかと言われるとやっぱり高校生の時だろうか。高校生活には意外と悔いをいろいろ残してしまった気がする。
そんなことを考えていたら対向から桜島行きのフェリーが来た。

f:id:tachi221:20190128221542p:plainf:id:tachi221:20190128221540p:plain

フェリーは定刻通りに本島へ到着。
f:id:tachi221:20190128221539p:plain

この後はまた路面電車で少し移動して、市役所の前で下車する。
市役所の裏通りに出て西郷隆盛像を目指して、およそ15分くらい歩く。
f:id:tachi221:20181107102536j:plain
上野の西郷さんの銅像は犬を連れて歩いているけど、鹿児島の西郷さんは軍服を着ていかにも軍人という感じだ。というより、元々は陸軍大将であり軍人なのだからこれがある意味、正装している西郷隆盛なのだろう。
銅像の近くには西郷隆盛に関する解説が、同氏の有名な言葉である「敬天愛人」というタイトルで紹介されている。
f:id:tachi221:20190128221537p:plain

次はまた15分くらい歩いて天璋院像へ。
f:id:tachi221:20181107103642j:plain

天璋院と言えば徳川家13代将軍である徳川家定の御台所であり、昔、フジテレビの大奥というドラマで菅野美穂が演じていた。NHK大河ドラマで放送されていた篤姫篤姫というのもこの天璋院のことを指す。
こうやって見ていると菅野美穂と似ていると言われれば似ていると思うし、そうでないと思うとそうでもない。どっちだ。
余談だけどこの大奥を見ていたおかげで、中学校の社会科は江戸時代以降は意外と出来たことを覚えている。最初は天皇の名前と藤原家の名前と戦の名前を覚えるものだけど、興味がないと本当に覚えることが出来ない。
大奥は親が見ていたのを一緒に見ていたこともあって、結構面白いなあと思ってみたし、社会科の授業で江戸時代に入るとこれはテレビで見た気がするなんてやっていた。

そうこうしているうちに新幹線の時間が迫ってきた。路面電車の駅まで歩いて、電車で鹿児島中央駅に移動。鹿児島中央駅からは九州新幹線に乗って博多に移動する。
(つづく)