Nanairo

プライベートを充実させてみたいものだ…。

PayPay使ってキャッシュのほうがよさげと思った

世の中では10月1日からキャッシュレス還元事業が始まり、勤務先の中に入っているローソンでも2%還元をしてくれる。
ローソンでは(3%OFFだから)dカードプリペイドを使って支払っているが、その他の場所では最近、PayPayを使ってみている。
が今日、キャッシュレスって本当にいいのか疑問に思ってしまった。
夕方、イトーヨーカドーに行って夜ご飯を買った時のこと。
筆者はPayPayで支払ってみようと、PayPayレジに並んで自分の番が来るのを待っていた。が、何でか分からないけど、別のレジに案内すると言われ、先客が何故かレジで待たされているというシチュエーションに遭遇した。
で、移動したレジで筆者の番が来て、PayPayで支払いたいと申し出て、初めてスキャン払いをしてみた。支払い画面が表示されたので、それを店員さんに見せると店員さんは「支払いボタンを押して…」というので、支払いボタンを押してみるとPaypayのサーバーが落ちているのか、一切支払った結果も表示されなくなってしまった。店員さんは「さっき支払い完了画面が見えていたんですけど」と言いつつ、ちゃんと確認できていないのと、筆者でこのトラブルに陥ってしまったのが2人目らしく、結局、現金で支払った。

家に帰ってPaypayアプリを見てみると少し負荷が落ちたのか、残高表示が見えるようになっていた。問題はこの後で現金で支払ったはずの代金がPaypayから差し引かれていた。幸いにもレシートはお金を預かったことが印字されており、おつり0円と言いつつ、おつりをもらっていること以外はこれで二重払いになっていることは証明できそうなので、近々にヨーカドーに行ってみようと思う。

これで思ったのが、今日はPaypayで還元セールをやっていたみたいなのだが、
1.そもそも資金決済サービス業者が過度なキャッシュバックキャンペーンをやっていいのか。
2.キャッシュバックキャンペーンを行って、肝心の決済サービスが使えないとはいかがなものか。
ということ。

キャッシュレス社会になると電子決済サービスも社会インフラとしての役割を担うわけだから、過度なキャンペーンで自らのインフラをひっ迫させ、社会に影響を及ぼすというのは行政指導ものだと思う。
やはりIDとかSuicaとかの方が安定的だし、最後にはキャッシュがこの世で一番便利であることを改めて痛感した日だった。