Nanairo

I want to run a way in front of me.

年末ジャンボミニを買っちゃった。

カレンダーを見ると既に12月なのに、全く年末という感じがない。
私自身は年末という感じが全くしないのだけど、周囲は年末の挨拶回りに来たとか、〇〇からもらったカレンダーが良かったとか、年末じゃ無いと聞けないような発言が飛び交っている。
年末の風物詩の一つといえば年末ジャンボだと思うのだが、筆者は社会人になってこれまで一度も宝くじを買ってこなかった。正確にいうと、日本では買ったことがないが、海外駐在時代は嗜む程度に買っていたし、あともう1つ番号が合えば50万円を当てることが出来たところまでやった。
そんなこんなで、たまたま立ち寄った秋葉のヨドバシ1階にあった宝くじ売り場で「年末ジャンボミニ」を買った。
「年末ジャンボ」にいつの時代から「ミニ」なんて洒落た物が登場したのか分からないし、1等を当てた時の衝撃はオリジナルの方がいいはずなのだけど、なぜか「ミニ」を買ってしまった。それもバラで。
f:id:tachi221:20191222223717j:plain
ところで、宝くじが当たる確率というのはどれくらいなのだろうか。

ジャンボミニは1組100000番〜100組199999番までの100組×10万枚=1,000万枚を1ユニットとして、このジャンボミニでは18ユニットを販売する。
今回の1等は72本あるので72÷18で、1ユニットあたり4本の1等がある。つまり、1枚の宝くじを買って1等が当選する確率としては

1,000万分の4 = 250万分の1となる。

この途方もない確率に買った人が富を手にするわけだが、宝くじ当選者の多くは不幸になると言うことがよく言われている。
それは何でかは知らないが、少なくともミニであれば仮に万一、当たったとしても家を買うための元金になるくらいしかもらえない。
ちなみに筆者は当たったら10分の2は投資に当てようと思う。だって、諭吉が3,000万人も助けに来たのに働かせないって・・・ねえ・・・。

宝くじ当たらないかね・・・。苦笑