Nanairo

I want to run a way in front of me.

AI美空ひばりを見ての感想(雑記)

Youtubeと昨年の紅白歌合戦でAI美空ひばりというのを見た。
美空ひばりが存命じゃない時代に生まれた私だが、その歌声には素直にとても感動した。
逝去された方をAIによって再現するということに賛否両論あるみたいだが、個人的にはAIだからこそ出来ることだし、逆にAIじゃないと出来ないことなんだと思う。
確かにAIと3Dで美空ひばりが蘇ると言うのはいささか、誇張した表現だと思う。これは死者は生きかえらないという事実に反しているからだ。
一方でこれまで故人となった歌手を再現すると言うことは「ものまね」というジャンルで行われて来たことでもある。では、なぜ「ものまね芸人」には疑問の声が上がらず、「AI」には疑問の声が上がるのか。
それは「人間」が再現しているか否かと言う、シンプルな視点なのではないかと思う。
ものまね芸人がものまねで再現している場合、受け手にとってはどこかの芸人がものまねをしていると言う認識にしか過ぎず、人間が行う「芸」としての性格が強い。
一方で「AI」は機械が(今回の場合で言えば)美空ひばりのこれまでの歌唱データを元に、与えられた伴奏データと歌詞データに従って音声合成によってそれを再現している。つまり、そこに芸を行っている人間はおらず、機械が自らに与えられたアルゴリズムによって、それっぽく歌わされている。

ここで、この記事を書くときにAIが「歌っている」という表現が適切か否かと言う疑問が湧いて来た。AIが自らの意思で歌っているのであれば、歌っていると言う表現が適切かと思ったが、今は人間がAIにインプットして歌わせているので、受け身である「歌わされている」という表現が適切だろうと考えた。(が、どうやっても「歌っている」と言う表現が適切な場所もあると思う。)

再現をするにあたって新たに書かれた「あれから」という歌詞を音楽なしで読むと、この再現が故人が歌ったらどうなるのだろうと言う視点で書かれていると言うことがよく分かると思う。
それにセリフも歌詞の一部であるとすれば、そのセリフもあくまでも「歌の一部」にしか過ぎない。

そのような「歌の一部」であるセリフに妙な違和感を持ってしまうのも、この再現自体に妙な違和感も持ってしまうのも、もう既にこの世から去ってしまった故人が自分の目の前で3Dという見える形で、本物とそっくりな声で歌っていることが、自分の認知と合っていないと言う違和感から来ているものだし、それが美空ひばりという、実在した日本を代表する歌手という背景と相まって来るものもあるのだと思う。初音ミクの場合は、初音ミクという実在しないキャラクターが3Dで歌っているからここまで違和感も生じないのだろう。

ちなみに筆者も冒頭で「感動した」と書いたが、歌唱はAIに再現させたものだと言うことは認識しているし、感動と言う感情に至るには歌唱の他に歌詞・メロディーが必要であり、ここには当然、作詞家・作曲家が介在している。よって、単にこの歌詞・メロディーで美空ひばりVOCALOIDに歌わせたら、こんなにいい曲が出来たんだと言う感動にしか過ぎない。

一方で何も知らされずに目を瞑ってこの歌を聞かされたら、本人が歌ったものか、AIに歌わせたものか判別することは中々難しいと思うし、歌い方に気持ちがないと言った感情的なコメントをすることも難しいだろう。
AIの何が怖いのかと言うと、人間よりも行うことが出来ることの多い機械が人間以上の知能を持ってしまうということに他ならないと思う。
今回は美空ひばりだったが、やろうと思えば坂本九であったり、ZARD坂井泉水であったり、再現出来る歌手は多いと思う。もっと言えば、亡くなった親族の再現だって出来るだろう。

そう言った中で、今回の件で言えば人間がどこまで「現実」と「再現」が区別出来るかということが一つのポイントだと思うし、人間としてAIが正しく使えるかと言う、そもそも論もポイントだと思う。優れた道具も作ってはいけなかった道具も全ては人間が作って来たということは、これまでの歴史が証明しているとおりだ。
NHKは今回、歌わせるというラインで留めたことで、越えてはならない一線をしっかり守ったと思うし、それと同時にAIに対する議題提起をしたのではないかと思う。

AIは人間が脈々と営んできた知的な行為を、0か1で反別する機械に再現させると言うものであるが、それを再現させたことによって人間の居場所が無くなったり、人間が機械に使われるということだけは避けてほしいと思うし、避けたいものだなと思う。